目の下のくまを手術以外で

小じわにも最適

女性

目の下にくま、たるみ、小じわがあると、とたんに老けて見られます。顔立ちはそのままなのに、それらのたるみを取るだけで、軽く10歳くらい若返って見えます。目の下のまつげの際の所にメスを入れて引っ張りあげる方法はうまく行けば抜群の効果をもたらしますが、その美容外科の医師の腕前によって、結果が大きく左右される美容外科手術でもあります。目の下は非常に皮膚が薄く、繊細な場所なので、内出血や腫れもかなりかかり、だいたいもと通りになるまで3週間は見ておかないとなりません。その点ではヒアルロン酸注入は、そこまで医師の腕前を必要とせず、また何よりも費用の点から言って格段にお得で手軽です。ダウンタイムは実質ありません。注入直後こそ少し泣いたような雰囲気だけはありますが、それも手術をしたとは到底思われないほどの腫れかたです。そして、症状によってはメスを入れる本格的な手術よりも効果を期待できる場合があります。特に、小じわがかなり目立っている場合。これは、むしろヒアルロン酸注入の方がきれいになる場合が多いのです。

組み合わせるとより綺麗に

小じわは、皮膚の表面が水分不足で乾いている状態から生まれ、そこに水分を注入して膨らませてあげることで容易に解決します。単に引っ張りあげるだけでは、術後すぐはいいですが、水分不足は解消されていないため、またすぐ目立ってきてしまいます。その点ヒアルロン酸はとても優れています。また、たるみがかなり目立つ場合は、たるみ解消のための手術と同時に受けることで、目元に劇的な若返りをもたらします。本当につるんとした陶器のような肌になれます。予算が折り合うのであれば、たるみがひどい場合はこうして組み合わせることでほとんど全ての目元悩みが解消されます。ですがヒアルロン酸だけでも、上手にくまの境目のところに注入することで、かなり目立たなくすることができます。ここは美容外科の腕の見せ所ですので、ネットなどで情報を収集し、カウンセリングに訪れて、実際の美容外科の雰囲気や先生の様子、症例などを確かめてから受ける方が良いでしょう。何にしても、受ける前より確実に若くなれます。また、ヒアルロン酸は半年で抜けると言われていますが、今はもっと持ちが良いヒアルロン酸も出ていますので、コストパフォーマンスの点でもとても優れています。