豊尻手術をする

ヒップアップ治療

ヒップ

ここ数年、若い女性を中心に、美容外科クリニックで大人気になっている治療メニューがあります。それは、豊尻手術という名前の治療です。豊尻手術のことを知らないという人が多いですが、簡単に言うと不足しているヒップの膨らみを補ってやることによって、カッコいいボディラインを作り上げる治療です。美容外科クリニックで行なわれているヒップ周りの治療というと、お尻の余分なぜい肉を取る脂肪吸引手術を思い浮かべる人が大半ですが、余分な脂肪をなくすことさえできれば必ず理想のスタイルになれるというわけではありません。日本人女性の体格はもともと貧弱ですので、余分なものを取り除くばかりでなく足してやることも視野に入れて治療プランを検討する必要があります。美容外科クリニックで行なわれている豊尻手術の場合、お尻上部のペタンと扁平になっている部分にヒアルロン酸や自己採取脂肪、プロテーゼバッグなどで膨らみを補ってやることになります。この部分に膨らみを持たせてやるとヒップアップ効果が生まれ、足が長く見えるようになります。また、メリハリの効いたボディラインになることができます。

先程述べたように、現在美容外科クリニックで行なわれている豊尻手術は、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法、プロテーゼバッグ挿入法の3種類に分けることができます。どの方法にもメリットとデメリットの両方がありますが、この3種類の中で一番多くの人に利用されているのは、ヒアルロン酸注入法です。脂肪注入法やプロテーゼバッグ挿入法よりも、ヒアルロン酸注入法による豊尻手術の方が、手術料金が安くなっています。また、体にかかる負担が一番少ないのも、ヒアルロン酸注入法です。日本国内では豊尻手術がまだまだ一般的な美容治療にまではなっていないという事情があるため、お試し感覚で豊尻手術を受ける人が多いです。どのような手術なのか一度自分の体で試してみようくらいの気持ちで手術を受ける人が多いため、高額の費用がかかったり、体に大きな負担がかかったりする方法は避けられる傾向が見られています。そのため、今のところはヒアルロン酸注入法による豊尻手術が一番人気になっているのですが、今後豊尻手術の認知度が高くなれば、他の方法を利用する人が増えるだろうと予想されています。